ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > 偽ウイルス中和アッセイサービス

偽ウイルス中和アッセイサービス

バックグラウンド

新型コロナウイルスSARS-CoV-2 Spikeタンパク質疑似ウイルス(SARS-CoV-2 Spike Pseudovirus):新型コロナウイルスのスパイクタンパク質でHIV-1ウイルスのバックボーンにあるエンベロープタンパク質を置き換え、それによって形成されたキメラウイルス粒子で新型コロナウイルスが細胞に感染するプロセスをシミュレートできます。ウイルス粒子の中の核酸は人工によって設計されており、ウイルスの複製を欠損させ、病原性も持っていません。

SARS-CoV-2 によるパンデミックは世界中から注目されている公衆衛生上の緊急事態です。弊社ACROBiosystemsはパンデミックの動向に注意しながら、SARS-CoV-2抗原性タンパク質、抗体、キットとその他の関連製品の研究と開発を加速しております。ワクチン、診断、治療用抗体などの開発をサポートしております。

提供できるサービス
検出プロセス


Pseudovirus can simulate SARS-CoV-2 to infect target cells


Neutralizer can block pseudovirus from infecting target cells

ホタルルシフェラーゼ遺伝子を含む新型コロナウイルスSタンパク質疑似ウイルスは、エンベロープタンパク質のSタンパク質を介して標的細胞に感染し、ルシフェラーゼ遺伝子を発現します。 新型コロナウイルスの中和抗体は、疑似ウイルスが宿主細胞に感染するのを阻止できます。ルシフェラーゼレポーター遺伝子の発現量の減少を検出することにより、ウイルスがどこまでブロックされているかを判断できるので、中和抗体をスクリーニングし、または検証することができます。

検出プロセス
詳細
サンプルタイプ中和抗体、薬物、血清などにテストを実行できます。(サンプルをご提供いただくだけです)
検出試薬ヒトACE2過剰発現細胞、SARS-CoV-2 Sタンパク質疑似ウイルス(野生型と変異株)、蛍光検出試薬、陽性コントロールなど実験に必要な材料を提供しております。
検出装置PerkinElmerEnSightマイクロプレートリーダー
品質基準コントロール細胞の平均蛍光強度とシュードウイルス感染後の平均蛍光強度の比が1000以上であり、かつシュードウイルスの蛍光バックグランド値が1%以下です。
成果物検査報告書
納期2-4週間

お問い合わせはこちら

ケーススタディ

野生型(図AとB)とオミクロン(図CとD)Sタンパク質疑似ウイルスを使用して、SARS-COV-2に対する中和抗体(SPD-M265S1N-M122、REGN10987)の中和能力を分析します。

疑似ウイルス製品
SARS-CoV-2 Spike (Omicron) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
• The full-length S protein of the SARS-CoV-2 (Omicron) mutant is an envelope protein.
SARS-CoV-2 Spike (Delta) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
• The full-length S protein of the SARS-CoV-2 (Delta) mutant is an envelope protein.
SARS-CoV-2 Spike (WT) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
• The full-length S protein of SARS-CoV-2  is an envelope protein.
SARS-CoV-2 Spike (Delta plus K417N) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
•The full-length S protein of the SARS-CoV-2 (Delta plus K417N)  mutant is an envelope protein
SARS-CoV-2 Spike (Beta) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
• The full-length S protein of the SARS-CoV-2 (Beta) mutant is an envelope protein
SARS-CoV-2 Spike (Lambda) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
• The full-length S protein of theSARS-CoV-2 (Lambda) mutant is an envelope protein
SARS-CoV-2 Spike (Mu) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
•The full-length S protein of the SARS-CoV-2 (Mu) mutant is an envelope protein
SARS-CoV-2 Spike (Alpha) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
•The full-length S protein of the SARS-CoV-2 (Alpha) mutant is an envelope protein
SARS-CoV-2 Spike (Gamma) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
•The full-length S protein of the SARS-CoV-2 (Gamma) mutant is an envelope protein
SARS-CoV-2 Spike (D614G) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
•The full-length S protein of the SARS-CoV-2 (D614G) mutant is an envelope protein
SARS-CoV-2 Spike (Omicron BA.2) Fluc-GFP Pseudovirus• Contains firefly luciferase reporter gene
• The full-length S protein of SARS-CoV-2  is an envelope protein.
SARS-CoV-2 (Omicron) Pseudovirus Neutralization Reagents• SARS-CoV-2 (Omicron) Spike Pseudovirus
• Human ACE2 overexpression cell line
• Validated as an ideal positive control antibody for pseudovirus neutralization experiments
SARS-CoV-2 (Delta) Pseudovirus Neutralization Reagents• SARS-CoV-2 (Delta) Spike Pseudovirus
• Human ACE2 overexpression cell line
• Validated as an ideal positive control antibody for pseudovirus neutralization experiments
SARS-CoV-2 (WT) Pseudovirus Neutralization Reagents• SARS-CoV-2 (WT) Spike Pseudovirus
• Human ACE2 overexpression cell line
• Validated as an ideal positive control antibody for pseudovirus neutralization experiments
HEK293/Human ACE2 Stable Cell Line• Human ACE2 overexpression cell line, validated for use with ACROBiosystems SARS-CoV-2 pseudovirus products
Anti-SARS-CoV-2 Spike RBD Neutralizing Antibody, Chimeric mAb, Human IgG1 (AM122) • Validated as an ideal positive control antibody for pseudovirus neutralization experiments
アドバンテージ

安定性:検出方法は安定性が高く、結果は信頼できます。

高い特異性と感度:高品質の疑似ウイルスを提供し、高感度の検出装置を利用しております。

高品質の検出モデル:生理学的感染メカニズムを高度にシミュレートし、実際の治療効果を最大限にシミュレートできます。

短納期:弊社のチームは各プロジェクトを1対1でフォローアップし、プロジェクトの進捗状況について段階的にフィードバックを提供し、実験結果を短時間で取得できます。

真摯なサービス対応: 豊富なサービス経験を持っており、顧客と緊密にコミュニケーションを取り、要望に応じた実験デザインを提供しております。

お問い合わせ

Contact us:Welcome to send an email to services@acrobiosystems.com for consultation, thank you!

Service flow

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone