ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > FcRn(新生児Fc受容体)

FcRn(新生児Fc受容体)

FcRn(Neonatal Fc Receptor)

IgGは母から子に能動的に移動できる唯一の抗体であると考えられています。これは短期間の受動免疫であり、特異的なIgGの輸送はFcRnによって達成されます。1972年に、Jonesらは新生児ラットの腸管内で母体のIgGを新生児に輸送する受容体を初めて発見し、Neonatal Fc receptor (FcRn) と命名しました。FcRnは妊娠・授乳中に発現し、胎盤関門と腸管を越えてIgGを輸送する役割を果たし、ライフサイクル全体の様々な組織細胞で検出されます。主な機能としては、血清IgGと血清アルブミンレベルを維持し、組織内のIgGの分布を調節することです。

           Human FcRn interaction with ligands IgG and albumin

FcRnは、FCGRTとB2Mの2つのサブユニットで構成されるヘテロダイマーです。 FCGRTには、3つの細胞外機能領域、α1、α2、α3、膜貫通領域、細胞質尾部領域があります(一部の研究では、細胞質尾部領域は44アミノ酸残基で構成されており、細胞内経路の仲介が含まれている可能性があると考えられています)。分子量は40〜50kDaで、α鎖と呼ばれ、B2Mの分子量は14kDaで、β鎖と呼ばれます。この2つの鎖は非共有結合の形(non-covalent bonds)で結合しています。研究によると、FcRnとIgGの結合部位と血清アルブミンは同じではないため、FcRnとIgGの結合は血清アルブミンによって妨害されません。

IgGは、人体内で最大の半減期は2〜4週間で、半減期の影響は主にFcRnを介したリサイクルメカニズムによるものであり、これはFcフラグメントのpH依存性結合によって実現されます。酸性条件下(pH6.0-6.5)ではFcRnはIgGと結合し、中性および弱アルカリ性条件下(pH7.0-7.5)においては解離が起こります。さらに、内皮細胞はエンドサイトーシス小胞を形成することによりIgGを摂取した後に酸性化エンドソームを形成し、IgGはFcRnに結合してIgG-FcRn複合体を形成します。IgG-FcRn複合体は、再循環するエンドソームを介して細胞表面に輸送されます。pH7.4などの生理学的条件下では、IgG-FcRn複合体が解離し、IgGが血液循環に再放出されます。 この受容体を介したリサイクルメカニズムにより、FcRnはリソソームでの分解からIgGを効果的に保護し、それによってIgGの半減期を延長します。 ただし、酸性化エンドソームでIgG-FcRn複合体を形成するためにFcRnに結合していないIgGは、リソソームで分解されます。 研究によると、FcRnを介したIgGの回復はIgGの生成率よりも42%高く、IgGの回復がIgGの生成と比較してヒトIgG濃度を維持する主要なプロセスであるとされています。
FcRnは、FCGRTとB2Mの2つのサブユニットで構成されるヘテロダイマーです。 FCGRTには、3つの細胞外機能領域、α1、α2、α3、膜貫通領域、細胞質尾部領域があります(一部の研究では、細胞質尾部領域は44アミノ酸残基で構成されており、細胞内経路の仲介が含まれている可能性があると考えられています)。分子量は40〜50kDaで、α鎖と呼ばれ、B2Mの分子量は14kDaで、β鎖と呼ばれます。この2つの鎖は非共有結合の形(non-covalent bonds)で結合しています。研究によると、FcRnとIgGの結合部位と血清アルブミンは同じではないため、FcRnとIgGの結合は血清アルブミンによって妨害されません。
IgGは、人体内で最大の半減期は2〜4週間で、半減期の影響は主にFcRnを介したリサイクルメカニズムによるものであり、これはFcフラグメントのpH依存性結合によって実現されます。酸性条件下(pH6.0-6.5)ではFcRnはIgGと結合し、中性および弱アルカリ性条件下(pH7.0-7.5)においては解離が起こります。さらに、内皮細胞はエンドサイトーシス小胞を形成することによりIgGを摂取した後に酸性化エンドソームを形成し、IgGはFcRnに結合してIgG-FcRn複合体を形成します。IgG-FcRn複合体は、再循環するエンドソームを介して細胞表面に輸送されます。pH7.4などの生理学的条件下では、IgG-FcRn複合体が解離し、IgGが血液循環に再放出されます。 この受容体を介したリサイクルメカニズムにより、FcRnはリソソームでの分解からIgGを効果的に保護し、それによってIgGの半減期を延長します。 ただし、酸性化エンドソームでIgG-FcRn複合体を形成するためにFcRnに結合していないIgGは、リソソームで分解されます。 研究によると、FcRnを介したIgGの回復はIgGの生成率よりも42%高く、IgGの回復がIgGの生成と比較してヒトIgG濃度を維持する主要なプロセスであるとされています。
FcRn-mediated IgG and serum albumin recycling
半減期評価に加えて、FcRnの高い親和性は、特に重症筋無力症、関節リウマチ、尋常性天疱瘡などのIgGを介した自己免疫疾患にも効果が出るため、標的としての治療法も期待されています。FcRnを標的とし、FcRnの循環を阻害することにより、IgG異化作用が増強され、全体的なIgGおよび病原性自己抗体のレベルが低下し、IgGによって誘発されるすべての自己免疫異常が減少する可能性があります。研究によると、FcRnを標的とした治療は、重症筋無力症の治療的血漿交換と比較して、より速く、より選択的なIgGの減少をもたらすことができます。さらに、臨床で使用される従来の治療法と比較して、この治療アプローチの利点は、IgA、IgD、IgE、とIgMがFcRnを介した循環に依存しなく、広範な免疫抑制を引き起こさないため、優れる安全性と特異性が確認できます。したがって、FcRnを標的とする薬剤は、FcRnを従来のように治療介入の直接的な標的として使用するのではなく、細胞で薬物を輸送できる利点を生かし、自己免疫疾患を治療できる「革命的治療法」と呼ばれています。
モノクローナル抗体、二重特異性抗体、ADC薬物親和性/半減期研究、自己免疫疾患の治療のための標的FcRn薬物開発をサポートするために、ACROBiosystemsは様々な高品質のFcRnタンパク質製品を提供できます。
FcRnタンパク質製品の特長

HEK293細胞によって発現される:翻訳後修飾の適切なタンパク質フォールディング

複数種の生物種:ヒト、マウス、アカゲザル/アカゲザル、ラット、ブタ、ウサギ、ネコ、ウシなど様々な種間実験に適しています。

高純度

SDS-PAGE による検証では:純度95%以上

SEC-MALS による検証では:純度95%以上

低エンドトキシン:<1.0 EU/µg

AvitagTMで標識されたビオチン化Fc受容体タンパク質を提供可能:ラベル化効率が高く、標識部位が特異的で明確であるので、医薬品開発とプロセス最適化のための、ストレプトアビジンとの結合に基づくELISA / SPR / BLI検出法に適しています。

親和性はSPR & BLIによって確認されている:生物活性が保証できます。またプロトコルを無償で提供しております。

安定性:ロット間の一貫性を確保するための厳格な品質管理が行われています。

製品一覧
分子名製品番号ホスト詳細構造
リファレンス

The mechanism of intestinal uptake and transcellular transport of IgG in the neonatal rat. The Journal of Clinical Inveatigation. 1972, 51:2916–27.

FcRn: the neonatal Fc receptor comes of age. Nature Reviews Immunology. 2007,7:715–725.

FcRn expression in cancer: Mechanistic basis and therapeutic opportunities. Journal of Controlled Release. 2021, 337 :248–257.

Antagonism of the Neonatal Fc Receptor as an Emerging Treatment for Myasthenia Gravis. Frontiers in Immunology. 2020, 10.

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone