ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > CAR-T細胞療法標的タンパク質

CAR-T細胞療法標的タンパク質


蛍光標識タンパク質  
Fluorescence-labeled Proteins
ビオチン標識タンパク質 
Biotinylated Proteins
標識のないタンパク質
Unconjugated Proteins

「キメラ抗原受容体T(CAR-T)細胞療法は、がん免疫療法です。患者からT細胞を取り出し改変し、がん細胞などの表面に発現する特定の抗原を認識できます。改変されたT細胞を再び患者に投与します。抗原提示細胞(APC)を介さず体内のがん細胞を標的として攻撃できます。

CAR-T細胞内、腫瘍を殺滅する効果を出している成分はCAR陽性T細胞です。CAR-T細胞製品のパッケージ仕様と臨床用量はCAR-T陽性細胞の数量によって決められているので、CARトランスフェクションの陽性率の検出は品質管理において必須で、規制当局が陽性率の検出にフローサイトメトリーの使用を勧めています。現在CARの異なる領域においては、CD19抗原や抗イディオタイプ抗体などのCAR抗原結合部位を標的とするものや、軽鎖やヒンジ領域を標的とする抗Fab抗体やプロテインLタンパク質などの検出方法が利用されています。その中で抗原結合を標的とするCARの陽性率を部分的に検出する方法は、特異性が優れているため、広く使用されています。

弊社ACROBiosystemsは医薬品研究&開発の分野にフォーカスしているタンパク質のサプライヤーです。CAR-Tの研究と開発を促進するために、弊社はタンパク質開発プラットホーム、タンパク質標識技術プラットフォーム、安定型細胞株作成プラットホームとフローサイトメトリー解析プラットホームなどを利用して、非標識、ビオチン標識蛍光標識などのCAR-T標的タンパク質と、フローサイトメトリーによるCAR陽性率解析のプロトコルを開発しました。現在ではCD19、BCMA、CD22、MSLNやEGFRなどを含む約40のCAR-Tターゲットを提供しております。

CAR-T陽性率解析ストラテジーとタンパク質設計サービス
直接検出法-蛍光標識タンパク質
Fluorescence-labeled Proteins
製品特長
標的抗原はフルオレセイン基で事前に標識されます。
検査プロセスをより簡単にし、検査時間を節約できます。
二次抗体の交差反応による非特異的バックグラウンドを回避できます。
> PE-labeled (分子をクリックし詳しい情報をチェックできます。) -> Specially designed
> FITC-labeled (分子をクリックし詳しい情報をチェックできます。) -> Specially designed
> 成功実例
FITC標識CD19タンパク質を使用して、Anti-CD19-CAR発現の陽性率を検出します。
CD19 CAR detection verified by FACS
293 cells were transfected with anti-CD19-scFv and RFP tag. 2e5 of the cells were stained with B. FITC-Labeled Human CD19 (20-291) (Cat. No. CD9-HF2H2, 10 µg/ml) and C. FITC-labeled protein control. A. Non-transfected 293 cells and C. FITC-labeled protein control were used as negative control. RFP was used to evaluate CAR (anti-CD19-scFv) expression and FITC was used to evaluate the binding activity of FITC-labeled Human CD19 (20-291) (Cat. No. CD9-HF2H2).
> Application —Evaluation of CAR Expression

ビオチン-アビジンに基づいた検出法-ビオチン標識タンパク質

Biotinylated Proteins
製品特長
標的抗原はビオチンで事前に標識され、蛍光標識されたストレプトアビジンの検出に使用できます。
ストレプトアビジンはビオチンに対して非常に高い親和性を示し、両方の結合は高特異性です。
CARの陽性発現率を高感度かつ高特異性で検出できます。
> Biotinylated proteins -> Specially designed
> 成功実例
ビオチン標識BCMAタンパク質を使用し、Anti-BCMA-CAR発現の陽性率を測定します。
BCMA CAR detection verified by FACS
Human T cells were transfected with anti-BCMA CAR and cultured for 3 days. Three days post-transfection, 1e6 cells were first incubated with 50 µl biotinylated human BCMA protein (Cat. No. BC7-H82F0, 8 µg/ml), washed and then stained with PE Streptavidin and analyzed by flow cytometry. (Data are kindly provided by PREGENE Biopharma)
> Application — Evaluation of CAR Expression

関節検出法ー非標識タンパク質

Unconjugated Proteins
製品特長
標的抗原は融合用エピトープタグを持っています。蛍光標識エピトープタグ抗体は二次抗体の検出に利用可能です。
CAR陽性発現率を高感度で測定できます。
二次抗体の交差反応によって非特異的なバックグラウンドが生じる可能性があります。
> Unconjugated proteins -> Specially designed
> 成功実例
Human CD19、Fc Tagタンパク質を使用して、Anti-CD19-CAR発現の陽性率を検出します
CD19 (Fc Tag  CAR detection verified by FACS
293 cells were transfected with FMC63-scFv and RFP tag. 2e5 of the cells were first stained with B. Human CD19 (20-291) Protein, Fc Tag, low endotoxin (Super affinity) (Cat. No. CD9-H5251 , 3 µg/ml) and C. Human Fc Tag Protein Control, followed by FITC-conjugated Anti-human IgG Fc Antibody. A. Non-transfected 293 cells and C. Human Fc Tag Protein Control were used as negative control. RFP was used to evaluate CAR (anti-CD19-scFv) expression and FITC was used to evaluate the binding activity of Human CD19 (20-291) Protein, Fc Tag, low endotoxin (Super affinity) (Cat. No. CD9-H5251).
> Application — Evaluation of CAR Expression

CAR-Tの関連情報 

> Anti-FMC63 scFv Abに関する詳しい情報はこちら–より高い感度でAnti-CD19 (FMC63) CARの特異的な抗体を検出> Anti-Ritux*mab Abに関する詳しい情報はこちら-Anti-CD20 (Ritux*mab) CAR検出のための高特異性抗体> CD19に関する詳しい情報はこちら-高親和性のCD19タンパク質はCD19-CAR-T検出のために設計されました。
購入者レビュー

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone