ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > 脳と神経タンパク質

脳と神経タンパク質

脳と神経タンパク質
背景
世界保健機関の統計によると、さまざまな退行性、機能性、精神医学性の脳関連疾患は、社会に大きな負担をかけ、すべての疾患の中で心血管疾患や癌を超過して大きな比率を占めています。アルツハイマー病を例として、World Alzheimer Reportの統計データによると、2015年まで、患者は約4680万人であり、新規患者は約990万人がいます。 すなわち、毎3秒で1名の新規患者が増加することです。さらに、2030年までには7470万人、2050年には1億3000万人に達する予想されています。
重度の脳関連疾患の診断と介入は、将来の脳科学における非常に重要な研究内容です。これは、現代社会健康の改善や、伝統医学産業と新しい生物工学事業の促進や科学の発展させるために重大な貢献です。
ACROBiosystemsは、医薬品の研究開発に専念するタンパク質メーカーとして、専門的なタンパク質研究開発プラットフォーム、タンパク質ラベリングプラットフォーム、安定株開発プラットフォーム、フローサイトメトリー分析プラットフォームを備えています。AneuROは、脳科学研究に着目製品であり、高品質製品を提供しながら、脳研究における新発想に多面的に支援することを目的とします。
治療薬開発用の製品
アルツハイマー症
Alzheimer′s disease, AD
アルツハイマー症(Alzheimer′s disease、 AD)は中枢神経系の退行性疾患であり、認知機能障害と行動障害を特徴とします。治療を通じて完全に治ることは難しいが、総合治療によって疾患を軽減し、発症を遅らせることができます。現在、β-アミロイド滝理論、Tauタンパク質理論、神経血管仮説など、この病変を説明しようとしている多くの理論が盛んでいます。
Schematic presentation of the APP proteolytic processes
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1552526016000790
Schematic presentation of the APP proteolytic processes
Featured ProductsAPP/A betaAPOEACHEBACE1BCHEGSK-3betaTauTREM2
パーキンソン症
Parkinson disease (PD)
パーキンソン症(Parkinson disease、 PD)とは、中高年層によく見られる神経変性疾患で、主に動きの鈍さ、手足などの体の震え、身体柔軟性の喪失など。 PD患者の黒質では、色素細胞の減少、ドーパミン作動性ニューロンの喪失、グリアの増加、およびレビー小体の出現があります。その結果、抑制性伝達物質ドーパミンと興奮性伝達物質アセチルコリンの間に相対的な不均衡が生じることになります。
Multiple pathways that influence the onset of PD
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6905381/
Multiple pathways that influence the onset of PD
Featured ProductsAlpha-SynucleinDDCMAOAMAOBLRRK2
ハンチントン症
Huntington disease (HD)
ハンチントン症(Huntington disease、 HD)、またはハンチントン舞踏症とは、非常にまれな常染色体優性遺伝性神経変性疾患です。患者は主に不随意の舞踏運動があり、精神症状、行動異常、認知障害などを臨床特徴とします。この病気は、4番染色体上のHTT遺伝子のCAGセグメントの異常な重複によって引き起こされる遺伝性疾患であることが明らかになりました。
Mechanism of Toxicity of Huntingtin (HTT) gene
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31940909/
Mechanism of Toxicity of Huntingtin (HTT) gene
Featured ProductsHTT
 
筋萎縮性側索硬化症
Amyotrophic lateral sclerosis (ALS)
筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic lateral sclerosis、 ALS)とは、運動神経が障害され、体を動かすのに必要な筋肉が徐々に痩せていき、力が弱くなって思うように動かせなくなる病気です。この病気は、手足、体幹、胸部、腹筋の進行性の衰弱と萎縮を引き起こし、運動、コミュニケーション、嚥下、呼吸などが困難になります。 SOD1は、ALSの発病の要因として、家族性筋萎縮性側索硬化症と密な関係があることを検証されました。
ALS disease pathology and proposed disease mechanisms
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28468939/
ALS disease pathology and proposed disease mechanisms
Featured ProductsSOD1TDP-43
 
多発性硬化症
Multiple sclerosis (MS)
多発性硬化症(Multiple sclerosis、 MS)は、中枢神経系の炎症性脱髄病変を特徴とする免疫性疾患です。多くの研究データから、B細胞とその抗体がMSの病因に重要な影響を与えることことを確認されました。ロシュ(Roche)とノバルティス(Novartis Japan)に代表される製薬会社は、多発性硬化症を治療するために、B細胞によって特異性を表すCD20抗体薬をさまざまに開発しました。
The roles of immune cells in multiple sclerosis pathogenesis
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24740824/
The roles of immune cells in multiple sclerosis pathogenesis
Featured ProductsCD19CD20CD52IFNAR1TGA4
脳腫瘍
Brain Tumors
脳腫瘍は、頭蓋骨の中にできる腫瘍の総称で、各部位から様々な種類の腫瘍が発生する神経類の病気です。よくみられるのは、髄膜腫、髄芽腫、神経膠腫などです。脳腫瘍の治療は、腫瘍の種類、大きさ、場所、症状、一般的な健康状態など多くの要因によって異なります。今現在、標的薬物療法は脳腫瘍の主要治療法です。
Different categories of brain tumors
https://brainmadesimple.com/brain-tumor-cancer/
Different categories of brain tumors
Featured ProductsCD117CSFEGFREphA2PDGFVEGFTOP

また、ご質問がありましたら、どうぞご気軽にお問い合わせ下さい。
Leave a message

診断用の製品
At present, neuro-related diseases represented by neurodegenerative diseases are still in the situation of low diagnosis rate, high misdiagnosis rate, and low treatment rate. Therefore, early diagnosis is particularly important for timely intervention and treatment. Based on diagnosis and treatment guidelines, Aneuro provides a series of high-quality proteins covering comprehensive diagnostic indicators in order to facilitate the in vitro diagnostic research of neurological diseases.
分子名製品コード説明
APP/A betaAPP-H51H8HumanHuman APP / Abeta38 Protein, His Tag
APP-H51H7HumanHuman APP / Abeta40 Protein, His Tag
APP-H51H6HumanHuman APP / Abeta42 Protein, His Tag
Alpha-synucleinALN-H52H8HumanHuman Alpha-Synuclein Protein, His Tag
ALN-H82H8HumanBiotinylated Human Alpha-Synuclein Protein, His,Avitag™
GFAPGFP-H5143HumanHuman GFAP Protein, His Tag
GFP-M5148MouseMouse GFAP Protein, His Tag
Neuron Specific Enolase(NSE)NSE-H5144HumanHuman NSE Protein, His Tag
Neurofilament Light (NfL)NFL-H5143HumanHuman NFL Protein, His Tag
Neurofilament Heavy (NfH)NFH-H5544HumanHuman NFH Protein, His Tag
S100BS1B-H5143HumanHuman S100B Protein, His Tag
TauTAU-H51H3HumanHuman Tau-441 / 2N4R Protein, His Tag
TAU-H51H5HumanHuman Tau-441 / 2N4R (273-380) Protein, His Tag (MALS verified)
TAU-H51H4HumanHuman Tau-441 / 2N4R (241-380) Protein, His Tag (MALS verified)
参考文献
  • 1. Myasnikov, A., H. Zhu, P. Hixson, B. Xie, K. Yu, A. Pitre, J. Peng and J. Sun (2021). "Structural analysis of the full-length human LRRK2." Cell 184(13): 3519-3527 e3510.

  • 2. Knopman, D. S., H. Amieva, R. C. Petersen, G. Chetelat, D. M. Holtzman, B. T. Hyman, R. A. Nixon and D. T. Jones (2021). "Alzheimer disease." Nat Rev Dis Primers 7(1): 33.

  • 3. Bloem, B. R., M. S. Okun and C. Klein (2021). "Parkinson's disease."  Lancet 397(10291): 2284-2303.

  • 4. Tabrizi, S. J., M. D. Flower, C. A. Ross and E. J. Wild (2020). "Huntington disease: new insights into molecular pathogenesis and therapeutic opportunities." Nat Rev Neurol 16(10): 529-546.

  • 5. Reich, D. S., C. F. Lucchinetti and P. A. Calabresi (2018). "Multiple Sclerosis." N Engl J Med 378(2): 169-180.

  • 6. Pan, X., Z. Li, Q. Zhou, H. Shen, K. Wu, X. Huang, J. Chen, J. Zhang, X. Zhu, J. Lei, W. Xiong, H. Gong, B. Xiao and N. Yan (2018). "Structure of the human voltage-gated sodium channel Nav1.4 in complex with beta1." Science 362(6412): eaau2486.

  • 7. Lapointe, S., A. Perry and N. A. Butowski (2018). "Primary brain tumours in adults." Lancet 392(10145): 432-446.

  • 8. Brown, R. H. and A. Al-Chalabi (2017). "Amyotrophic Lateral Sclerosis." N Engl J Med 377(2): 162-172.

文献ダウンロード

Click here to fill in the questionnaire

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone