ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > CD39 / CD73タンパク質

CD39 / CD73:腫瘍免疫アデニル酸経路の標的

CD39/CD73: the critical targets for adenosinergic pathways
バックグラウンド

腫瘍の微小環境(TME)は、腫瘍免疫療法に重要な因子です。ATP / ADO(アデノシン/アデノシン)経路は、腫瘍微小環境調節の主な経路です。さらに、CD39 / CD73は、ATP / ADO(アデノシン/アデノシン)経路は、先天的・適応的免疫において重要な役割を果たします。

その中で、CD39は膜貫通型アデノシン三リン酸ジホスホヒドロラーゼ-1(Ectonucleoside triphosphate diphosphohydrolase-1,ENTPD1)で、2つの膜貫通ドメインと、1つの細胞外ドメインを持ち、細胞外ドメインに活性中心を持っています。膜貫通ドメインの相互作用も酵素活性に影響を与えます。CD39は、様々な免疫細胞(NK細胞、CD4 +、CD25 +、調節T細胞Treg、マクロファージなど)、非免疫細胞(内皮細胞と線維芽細胞)、腫瘍細胞(リンパ腫、肉腫、肺癌)に発現され、それによって腫瘍免疫における役割を果たします。CD73は細胞外-5'-ヌクレオチダーゼ(NT5E)で、細胞表面のホモダイマーの形で存在し、または細胞外の遊離の形で存在します。CD73は主に3つのドメインで構成され、N末端ドメインでは2つの亜鉛イオン結合部位を持ち、C末端ドメインでは基質結合部位を持っています。N末端ドメインとC末端ドメインの間の短いらせんは酵素の活動を制御できます。さらに、リンパ球、内皮細胞、上皮細胞など、人体の様々な組織や細胞の表面に広く発現し、生理活動を制御しています。

CD39は細胞外ATP(eATP)に結合し、それをAMPに加水分解します。CD73はAMPをADOに加水分解します。 ATP-ADO経路では、CD39はeATP加水分解の律速酵素であり、CD73はAMP加水分解の律速酵素です。 プリンヌクレオチドの生成はCD39とCD73によって制御されます。さらに、ヌクレオチドの信号伝達も制御されます。 CD39はeATPを加水分解し、免疫細胞の活動を効果的に活性化して腫瘍の免疫逃避を引き起こします。CD73の加水分解はADOを生成し、免疫細胞を活性化し、T細胞の免疫機能を低下させ、腫瘍の免疫逃避を引き起こします。

このように、CD39 / CD73を標的とする大小分子薬は、腫瘍微小環境におけるATP / ADO(アデノシン/アデノシン)経路を調節するための治療法となり、腫瘍免疫療法に新しい可能性をもたらしています。CD39 / CD73薬の開発を加速するために、ACROBiosystemsはCD39とCD73シリーズ製品を提供します。純度と生物活性は確認され、保証できます。また、活性を検証するプロトコルも無償で提供しております。こちらの製品は免疫、抗体スクリーニングなどに使用できます。

アッセイデータ

高い酵素活性:

測定される製品Human CD39 / ENTPD1 Protein, His TagHuman CD73 / NT5E Protein, His Tag (HPLC-verified)
加水分解基質Adenosine-5’-triphosphate (ATP)Adenosine-5’-monophosphate (AMP)
酵素活性
(pmol/min/μg)
ACRO product(Cat. No: CD9-H52H4The product of another vendorACRO product(Cat. No: CD3-H52H7The product of another vendor
> 6,000>5,000>37,000>15,000

注:同一製品の酵素活性は同一条件下で測定しています

HPLCで確認された高純度

The purity of Human CD73, His Tag (HPLC-verified) (Cat. No. CD3-H52H7) was greater than 90% as determined by SEC-HPLC.

高い生物活性

ELISA


Immobilized Human CD39, His Tag (Cat. No. CD9-H52H4) at 1 μg/mL (100 μL/well) can bind Anti-CD39 Antibody, Human IgG1 with a linear range of 0.1-0.8 ng/mL (QC tested).

CD73 pre-coupling magnetic beads (Cat. No. MBS-K022) can bind CD73 antibody well

Immobilized 62 μg CD73 protein to 1 mg Beads can bind the Anti-CD73 Antibody with an EC50 of 0.5659 μg/mL (QC tested).

SPR

Anti-CD73 antibody (Human IgG1) captured on CM5 chip via Anti-human IgG Fc antibodies surface can bind Human CD73, His Tag (HPLC-verified) (Cat. No. CD3-H52H7) with an affinity constant of 0.164 nM as determined in a SPR assay (Biacore 8K) (Routinely tested).

BLI

Loaded Anti-CD73 MAb (Human IgG1) on AHC Biosensor, can bind Human CD73, His Tag (Cat. No.CD3-H52H7) with an affinity constant of 0.179 nM as determined in BLI assay (ForteBio Octet Red96e).

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone