ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > IL-6及びIL-6受容体タンパク質

IL-6&IL-6受容体タンパク質

IL-6 and IL-6 Receptor Proteins

1973年に、インターロイキン6 (IL-6は、T細胞から分泌され、B細胞による抗体産生に必須な可溶性因子だとされてきました。50年前に発見されて以来、IL-6経路は、免疫調節と多くの疾患における免疫調節不全に関与する重要な経路として使用されてきました。通常の経路では、IL-6が膜結合受容体mIL-6Rと可溶性受容体sIL-6Rに結合した後、膜タンパク質gp130に結合してIL-6-IL-6R-gp130ヘキサマーを形成し、下流のシグナル伝達と遺伝子発現を引き起こします。反対の経路では、IL-6-sIL-6R複合体がgp130に結合して、細胞内シグナル伝達を開始します。 次のステップでは、JAK-STATやRAS-RAFなどの経路が活性化され、細胞の増殖、分化、酸化ストレス、免疫調節が促進されます。 従来のIL-6シグナル伝達は、IL-6Rを発現する細胞(マクロファージ、好中球、T細胞など)のみにあります。 が、IL-6レベルが上昇すると、gp130が遍在するため、シグナルが広く発現しました。

IL-6 Rを標的とする最初のヒト化抗体であるトシリズマブ(トシリズマブ)は、IL-6がIL-6Rに結合するのを阻害ことにより、IL-6シグナル伝達を抑制します。使用が承認されている適応症:特発性関節炎(sJIA)、巨細胞性動脈炎(GCA)、サイトカイン放出症候群(CRS)、キャッスルマン病、大動脈炎症などです。

           IL-6 signaling pathway

IL-6経路を標的とする治療法は様々なリウマチ性疾患の革新的な治療法だとされています。IL-6の調節不全で、癌の発生、進行、転移などが起こります。IL -6のレベルが上昇するにつれ、癌、インスリン抵抗性、喘息、冠状動脈性心臓病、進行癌などの他の疾患のリスクが高くなるので、癌の予後マーカーとしても機能します。この経路を標的とするほか、ブドウ膜炎、視神経脊髄炎、COVID-19など、いくつかの症状の治療にも展開する可能性があると考えられています。

ACROBiosystemsは、IL-6関連薬の開発を支援するために、高品質のIL-6とIL-6受容体タンパク質を開発しました。

製品の特長

Human、Mouse種は利用可能

高純度:>95%

高い生物活性はELISA、BLI、細胞実験によって検証され プロトコルは無料で提供されます

タグ:Tag Free,His Tag,Avi & His Tag,Fc Tag

低エンドトキシン:<1.0EU/μg

製品一覧
分子名製品番号種別詳細注文/予約する
IL-6IL6-H8218HumanBiotinylated Human IL-6 Protein, epitope tag free, ultra sensitivity (primary amine labeling)

注文

IL-6IL6-H4218HumanActiveMax® Human IL-6 Protein, Tag Free

注文

IL-6IL6-M5245MouseMouse IL-6 Protein, His Tag

注文

IL-6IL6-M82Q7MouseBiotinylated Mouse IL-6 Protein, Avitag™,His Tag

注文

IL-6IL6-C5249CynomolgusCynomolgus IL-6 Protein, His Tag (MALS verified)

注文

IL-6 R alphaILR-H4223HumanHuman IL-6 R alpha / CD126 Protein, His Tag

注文

IL-6 R alphaCD6-H82E8HumanBiotinylated Human IL-6 R alpha / CD126 Protein, Avitag™,His Tag

注文

IL-6 R alphaILR-H5259HumanHuman IL-6 R alpha / CD126 Protein, Fc Tag

注文

IL-6 R alphaILR-M82E9MouseBiotinylated Mouse IL-6 R alpha / CD126 Protein, His,Avitag™

注文

gp130ILT-M52H1MouseMouse gp130 / CD130 / IL-6 R beta Protein, His Tag

注文

gp130ILT-M5252MouseMouse gp130 / CD130 / IL-6 R beta Protein, Fc Tag

注文

アッセイデータ

SDS-PAGEで確認された高純度:> 95%

ビオチン化Human IL-6 R alpha, Avitag,His Tag (製品番号CD6-H82E8) の純度は、還元性条件下でのSDS-PAGEで確認したところ、95%超えていました。 分子量は41.7kDaでした。グリコシル化の影響により、分子量の転移は、還元性条件下でSDS-PAGEによって確認されたところ、55〜70kDaでした。

ELISAによって確認された高い生物活性

ActiveMax®HumanIL-6、Tag Free(製品番号IL6-H4218)は、ELISAにより、ヒトIL-6 R alpha、His Tag(製品番号CD6-H82E8)に1〜16ng /mLの線形範囲で特異的に結合できます。 /mL。

BLIによって検証された高い生物活性

Protein Aバイオセンサーに搭載されたHuman IL-6 R alpha, Fc Tag (製品番号ILR-H5259) は、BLIアッセイ (ForteBio Octet Red96e) においてActiveMax® Human IL-6, Tag Free (製品番号IL6-H4218) と35.9 nMの親和性定数で特異的結合できます。

細胞実験で検証された高い生物活性

ActiveMax®HumanIL-6、Tag Free(製品番号IL6-H4218)は、細胞実験により、TF-1ヒト赤白血病細胞株の増殖を刺激することができることが確認されました。EC50 は0.2856-0.3636 ng/mLでした。

ビオチン化 ヒトIL-6エピトープタグフリー、一級アミン標識(カタログ番号IL6-H4218)が、細胞実験の検証により、TF-1ヒト赤白血病細胞株の増殖を刺激できることが確認されました。 EC50 は 0.2532-0.4489 ng/mL でした。    

関連情報

>> 【注目されているターゲット】IL-6免疫療法ーー今後の効果が期待されています

リファレンス

1. Translating IL-6 biology into effective treatments. Nat Rev Rheumatol 16, 335–345 (2020).

2. IL-6 Inhibitors in the Treatment of Serious COVID-19: A Promising Therapy?. Pharm Med 34, 223–231 (2020).

3. Computer-aided prediction and design of IL-6 inducing peptides: IL-6 plays a crucial role in COVID-19. Briefings in Bioinformatics. 2021, 22(2): 936–945.

4. Association Between Administration of IL-6 Antagonists and Mortality Among Patients Hospitalized for COVID-19: A Meta-analysis. JAMA. 2021,326(6):499–518.

  • Authors: The WHO Rapid Evidence Appraisal for COVID-19 Therapies (REACT) Working Group.

  • Download Full Article

5. Why tocilizumab could be an effective treatment for severe COVID-19?. J Transl Med 18, 164 (2020).

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone