ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > セルベースアッセイ検証済みのSiglec-15タンパク質

セルベースアッセイ検証済みのSiglec-15タンパク質

Siglec-15
バックグラウンド

Siglec-15は、シアル酸結合Ig様レクチン(Siglecs)ファミリーのメンバーであり、M2マクロファージ、骨髄細胞、樹状細胞、B細胞、破骨細胞で発現します。Siglec-15は、T細胞の活性を継続的に阻害し、通常の癌免疫療法の主な特徴を持っています。関連する研究では、Siglec-15がほとんどのPD-L1陰性腫瘍患者の主要な免疫抑制因子であることが示されています。 また、この標的の抗がん効果は、PD-L1と相互に排他的だとされています。 腫瘍細胞では、PD-L1の発現が高い場合、siglec-15の発現レベルは低くなります。 PD-1 / PD-L1治療に効果が出ない癌患者に、Siglec-15は免疫療法で新しい可能性を与えています。

医薬品の開発をサポートする高い生物活性のSiglec-15タンパク質。ACROBiosystemsによって開発されたSiglec-15タンパク質の生物活性は、セルベースアッセイ/ BLI / SPR / ELISAによって検証されました。さらに、プロトコルを無償で提供します。

特長

Siglec-15タンパク質の生物活性は、セルベースアッセイ/ BLI / SPR / ELISAによって検証されました。プロトコルを提供できます。

Cell based assay

ビオチン化ヒトSiglec-15、Fc、Avitag(製品番号SG5-H82F5)は、抗CD3誘発性のPBMCの増殖を阻害します。 この効果のED50は0.48〜0.57μg/mLです。

BLI

AMCバイオセンサーにロードされたAnti-Siglec-15MAb(マウスIgG)は、BLIアッセイ(ForteBio Octet Red96e)で測定された59.7pMの親和性定数でHumanSiglec-15、Fc Tag(製品番号SG5-H5253)に結合できます。

SPR

SAチップに固定されたNeu5Ac(a2-6)GalNAc-PAA-ビオチンは、SPRアッセイ(Biacore T200)で測定された4.49μMの親和定数でHuman Siglec-15、Fc Tag(製品番号SG5-H5253)に結合できます。

ELISA

5μg/mL(100μL/ウェル)の固定化マウスヒトキメラMAb(5G12、ヒトIgG1)は、ビオチン化ヒトSiglec-15、Fc、Avitag(製品番号SG5-H82F5)に0.4〜3 ng/mLの直線範囲で結合できます。

ほかの生物種/タグの製品も提供できます。

分子名製品番号ホスト説明構造
*Siglec-15に関する実験デザインやデータを希望する方は弊社までお問い合わせください。 please contact us.
*各Siglecタンパク質の詳しい情報は分子名をクリックしてご覧ください。
顧客からのレビュー

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone