ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > CD24 & Siglec-10蛋白 – 肿瘤免疫治疗热门靶点

CD24&Siglec-10タンパク質-注目されている腫瘍免疫療法ターゲット

CD24 & Siglec-10 Proteins - Hot Targets for Tumor Immunotherapy
バックグラウンド

特定の「私を食べないで」シグナル分子(CD24、CD47、PD-L1、B2Mなど)を表面に発現しているがん細胞は、免疫細胞から正常細胞として認識され、腫瘍の微小環境におけるマクロファージによる捕食やクリアランスから免れます。最も早く発見された「私を食べない」シグナル伝達タンパク質はPD-1とCTLA-4です。2019年7月にNatureで発表された研究では、CD24は卵巣がんとトリプルネガティブ乳がんによって発現される「私を食べてはいけない」シグナル伝達タンパク質で、癌細胞が自らを保護するために使用され、癌免疫療法を開発するための標的です。

CD24(Cluster of Differentiation 24)は、グリコシル化されたグリコシルホスファチジルイノシトールアンカー型細胞表面タンパク質です。 卵巣とトリプルネガティブ乳がん細胞の表面に発現するCD24タンパク質は、免疫細胞上のSiglec-10タンパク質と相互作用して免疫抑制シグナルを伝達し、それによって有害な炎症反応を抑制します。

市販されているCD24タンパク質のほとんどは、抗体への結合に関するデータしかなく、Siglec-10タンパク質との結合活性の検証が行われていません。CD24抗体医薬の開発では、CD24とSiglec-10の結合を効果的に阻害できるかがキーポイントになります。 これらの問題に向けて、弊社ROBiosystemsは、様々なラベルのCD24タンパク質とCD24過剰発現細胞株を開発し、Siglec-10に対する細胞株の結合活性を検証してきました。 また、抗CD24中和抗体SN3がCD24過剰発現細胞株とSiglec-10との結合を効果的に阻害することが確認されました。

製品一覧
分子名製品番号ホスト説明構造
最新の動向

CD24 signalling through macrophage Siglec-10 is a target for cancer immunotherapy.

*ほかのCD24タンパク質をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。just click here
CD24タンパク質に関する質問、提案、コメントなどのある方は、 tech.jp@acrobiosystems.comまでお気軽にお問い合わせください。

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone