ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > Gタンパク質共役受容体

Gタンパク質共役受容体

背景

GPCR(Gタンパク質共役受容体)は,生体に存在する受容体の形式の1つである。様ざなな機能を持ったGタンパク質共役受容体が見られ,既知のタンパク質のなかで最大のスーパファミリーを形成している。Gタンパク質は,イオン,神経伝達物質,糖分,脂質,内因性ポリペプチド,プロテアーゼなど生物大分子を含むさまざまなリガンドと結合し,ほかのシグナル分子を活性化することを通じて,筋肉の収縮と弛緩,神経シグナル伝達,免疫系の調節,および全身の代謝など生理過程を参加しています。GPCRは人体で最大の薬剤ファミリーでもあり,主に腫瘍,自己免疫,神経系疾患,心血管疾患などと関与しているため,市販薬の数割がGタンパク質共役受容体のうちのいずれかを標的としている。

GPCRsの構造

GPCRsの一般的な分子構造は7つの膜貫通αヘリックスで構成されており,これらの構造体は受容体を細胞外N末端,細胞内C末端,3つの細胞外ループ,3つの細胞内ループに分割します。細胞外ループには,2つのシステイン残基が含まれており,ジスルフィド結合を形成することで受容体の空間構造を安定させることができます。そして,細胞内ループにはGタンパク質結合部位があります。

Schematic diagram of the classic GPCRs
Schematic diagram of the classic GPCRs

ACROBiosystemsは,標的GPCRs抗体の開発を支援します。

GPCRs標的の細胞外露出部分の制限あり,細胞表面表現の低下,タンパク質凝集などの要因により,生物活性を持つ可溶性GPCR抗原を取得することは非常に困難です。GPCRを標的とする薬物研究を支援するために,ACROBiosystems社は,VLP,膜タンパク質洗浄剤,Nanodiscの改善計画を提出する上で,GPRC5D, CXCR4, CCR5, CCR8などのフルレングスGPCRタンパク質を提供します。これらの製品は,免疫,ELISA,SPR,BLIなど応用領域に適用されています。

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone