ログイン 会員登録
icon_bulk_order一括注文 Acrobiosystems for English
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z 0-9
phone
Your Position: ホーム > B細胞成熟抗原(BCMA), 多発性骨髄腫のターゲット

B細胞成熟抗原(BCMA), 多発性骨髄腫のターゲット

BCMAは、形質細胞の分化過程で選択的に誘導され、ナイーブB細胞やメモリーB細胞にはほとんど存在しません[1,2]。BCMAとそのリガンドであるBAFFおよびAPRILとの相互作用は、長寿命の形質細胞の維持に関係しています[3,4]。BCMAは、他の主要な臓器では発現していないため、形質細胞の癌の理想的な標的です。現在、キメラ抗原受容体T(CAR-T)細胞、抗体薬物複合体、Bi特異的抗体など、数十種類のBCMA標的治療薬が開発され、臨床試験が行われています。先頭に立っているのがブルーバード社とセルジーン社のbb2121です。多施設共同臨床試験の第Ⅰ相試験で、多発性骨髄腫患者において 80%の奏効率が実証されました。このアプローチが確立されれば、多発性骨髄腫患者は、Daratumumab(抗CD38抗体)やElotuzumab(抗SLAMF7抗体)以外の治療法を与えられることになります。

BCMA proteins

BAFF / APRILとその受容体の間の相互作用は選択的に行われています。注: BCMAはBAFFとAPRILの両方と相互作用することができます[5]。しかし、APRIL-BCMAの相互作用の親和性は、BAFF-BCMAの結合の親和性よりはるかに高いです[6]

弊社ACROBiosystems では、独自のビオチン化 BCMA (製品番号BC7-H82F0) やモノマー BCMA (製品番号BCA-H522y) など、BCMA タンパク質の包括的な製品を提供しています。また、BAFFやBAFFRなどのBCMA関連タンパク質も提供しております。

検証データ

FACS

293細胞に抗BCMA-scFvおよびRFPタグをトランスフェクトしました。 細胞の2e5は、B. FITC標識ヒトBCMA / TNFRSF17タンパク質、Fcタグ(製品番号BCA-HF254、3μg / ml)およびC.FITC標識タンパク質コントロールで染色されました。 A.トランスフェクトされていない293細胞およびC.FITC標識タンパク質コントロールをネガティブコントロールとして使用しました。 RFPを使用してCAR(anti-BCMA-scFv)の発現を評価し、FITCを使用してFITC標識ヒトBCMA / TNFRSF17タンパク質、Fcタグ(製品番号BCA-HF254)の結合活性を評価しました。

ヒトT細胞に抗BCMACARをトランスフェクトし、3日間培養しました。 トランスフェクション3日後、1e6細胞を50ulのビオチン化ヒトBCMA、Fc、Avitag(製品番号BC7-H82F0、8μg / ml)とインキュベートし、洗浄してからPEストレプトアビジンで染色し、フローサイトメトリーで分析しました。 (PREGENEBiopharmaから提供されたデータです)。

BLI
プロテインAバイオセンサーにロードされた抗ヒトBCMAMAb(ヒトIgG1)は、BLIアッセイ(ForteBio Octet Red96e)で測定された35.8 nMの親和性定数でヒトBCMA、Hisタグ(製品番号BCA-H522y)に結合できます。
SPR
抗マウス抗体表面を介してCM5チップ上に捕捉された抗BCMAMAb(マウスIgG1、抗体はSCTとACRObiosystemsによって共同開発されました)は、SPRアッセイで測定された0.388 nMの親和性定数でヒトBCMA、Hisタグ(製品番号BCA-H522y)に結合できます (Biacore T200)。
ELISA
5μg/mL(100μL/ウェル)の固定化ヒトBAFF、Fcタグは、15〜125 ng / mLの線形範囲でビオチン化ヒトBCMA、His、Avitag(製品番号BCA-H82E4)に結合できます。
5μg/mL(100μL/ウェル)の固定化ヒトAPRIL、Fcタグは、0.6〜20 ng / mLの線形範囲でビオチン化ヒトBCMA、His、Avitag(製品番号BCA-H82E4)に結合できます。

弊社で開発した標識技術により、高い生物活性を有し、バッチ間のばらつきが少なく、すぐに使用できるビオチン化タンパク質を顧客に届けます。また、FITC標識のBCMAとBAFFタンパク質も提供しております。

BCMA製品一覧

分子名製品番号種別構造純度特長
BCMA
(Biotin-labeled)
BC7-H82F0
BC7-H82F0-STC1

BCMA
(FITC-Labeled)
BCA-HF254
BCA-HF254-STC1

BCMABCA-H522y
BCA-H522y-STC1

BCMABC7-H5254
BC7-H5254-STC1

BCMA
(Biotin-labeled)
BCA-M82F0
BCA-M82F0-STC1

BCMA
(Biotin-labeled)
BCA-M5258
BCA-M5258-STC1

BCMA
(Biotin-labeled)
BCA-C82F4
BCA-C82F4-STC1

BCMABCA-C5253
BCA-C5253-STC1

ほかの関連製品

分子名製品番号種別構造純度特長
BAFF
(Biotin-labeled)
BAF-H82F3
BAF-H82F3-STC1

BAFF
(Biotin-labeled)
BAF-H82Q2
BAF-H82Q2-STC1

BAFF
(FITC-Labeled)
BAF-HF268
BAF-HF268-STC1

BAFFBAF-M5257
BAF-M5257-STC1

BAFFR
(Biotin-labeled)
BAR-M82F0
BAR-M82F0-STC1

BAFFRBAR-M5259
BAR-M5259-STC1

BAFFRBAR-H5257
BAR-H5257-STC1

APRIL
(Biotin-labeled)
APL-H82F5
APL-H82F5-STC1

ほかの多発性骨髄腫ターゲット

分子名製品番号種別構造純度特長
CD38
(Biotin-labeled)
CD8-H82E7
CD8-H82E7-STC1

CD38CD8-H5224
CD8-H5224-STC1

SLAMF7
(Biotin-labeled)
SL7-H82E0
SL7-H82E0-STC1

SLAMF7SL7-H5225
SL7-H5225-STC1

SLAMF7SL7-H5256
SL7-H5256-STC1

レビュー

参考文献

リファレンス

This web search service is supported by Google Inc.

totopphone